キッチンリフォーム|相模原市のリフォームならリ・フォーユー

  • 年中無休 365日受付中
  • 0120-916-450 受付時間:8:00~20:00
  • 対応エリア
  • 会社案内(上河原木工所について)
  • 無料診断・見積依頼
  • お問い合わせ


トップページ > 業務案内 > キッチンリフォーム

キッチンリフォーム

キッチンのスタイルとそれぞれの注意点

独立型

キッチンと食事の場が完全に分かれた、昔ながらのスタイルです。メリットは、煙や臭気、音などが他の部屋に流れることが少なく、衛生的であること。調理中の雑多な状態が目につかないので、キッチンを作業場として割り切り、ゆっくりと落ち着いた食事をしたいという方に向いています。デメリットは、キッチンで作業している人が孤立すること。今はこれを嫌う人が多いですね。

 

<独立型の注意点>

キッチン内で料理作りから配膳までの作業ができるスペースが必要です。配膳スペースを取り忘れると、キッチンとダイニングを行ったり来たりすることになって、疲れます。

オープン型

キッチンがダイニングやリビングと一体化したスタイルです。狭いスペースを有効に使えるので、作業動線が短くなり、調理→食事→休息といった生活のリズムが途切れることなく、スムーズに行えるのがメリットです。デメリットは、煙や臭気が拡散した中での食事となるため、落ち着かないこと。そして、雑多な状態が目につくことです。

 

<オープン型の注意点>

すべてが丸見えのオープン型だけに、収納計画はしっかりとたてましょう。調理中は作業場であっても、いざとなればすぐに片付くように計画することが必要です。あと、換気対策もしっかりと。

アイランド型

オープン型の一種で、シンクやコンロを備えた調理台を、部屋の真ん中に島(アイランド)のように独立させたスタイルです。メリットは、家族が調理に参加しやすいこと。調理台を囲んでみんな作業ができるし、キッチンに立つ人も団欒に参加しやすいです。お洒落な雰囲気を出せることもあって、人気があります。デメリットは、オープン型同様に、煙や臭気が拡散しやすいこと。そして、島の部分にコンロがある場合は、換気が問題です。また揚げ物を作るときの、油のハネなどもよく指摘されます。

 

<アイランド型の注意点>

果たして家族は調理に参加するようになるのか?また、あなたは彼らに参加してほしいと本当に思っているのか?それをよく考えましょう。お洒落な雰囲気に憧れてアイランド型にしたものの、キッチンのゴチャゴチャが丸見えでお洒落とはほど遠かったり、きちんと片づけをしない夫や子供達には、やっぱりキッチンには立ってほしくないと思ったり、という話も聞きます。きれいな状態を保つために多大なエネルギーを要するのでは、ストレスばかりが溜まることにもなりかねません。

セミオープン型

「作業場と食事の場は切り離したい」、でも「キッチンに立っているときに、家族から孤立するのは嫌だ」。そんな2つの希望を実現しようと登場したスタイルです。キッチンとダイニングを、カウンターや腰壁、ハッチスタイルの家具などで区切ることで、独立型とオープン型のメリットを兼ね揃えており、分譲マンションや戸建て住宅でも主流となっています。

 

<セミオープン型の注意点>

独立型とオープン型もプラス面があるということは、双方のマイナス面もあるということです。配膳スペースの確保、換気の問題、そしてキッチン内の雑多なものが見えずに調理している人の顔は見える、というのも重要なポイントでしょう。

さぁ、どのスタイルがあなたの家には合いそうですか?

IHヒーター、食器洗い機、浄水機、オーブン

キッチンリフォームをするときに、皆さんが思い浮かべる機器の代表選手が、IHヒーター、食器洗い機、浄水機、オーブンではないでしょうか。どれもうまく使えば大変便利なものばかり。とはいえ、すべての人に必要なものとも限りません。なにも考えずにこれら全部を取り入れてしまうと、せっかくのスペースが無駄になることもしばしばです。

 

では、ひとつひとつについて検証してみるとしましょう。

IHヒーター

ご家庭のオール電化や太陽光発電の普及などに伴い、増々需要が高まってくる機器です。

メリットを列挙してみましょう。まず弱いと思われている火力ですが、IHヒーターは200V仕様ということもあって、大変火力が強いです(古い家やマンションですと100Vのため、IHヒーターが使えない場合があります。注意しましょう)。さらに、電源を入れても鍋を置かないと発熱しないため、小さなお子さんやお年寄りがいる家庭も安心です。表面がフラットなので、調理に使っていない面は、配膳などのスペースにもなります。掃除もしやすく、汚れがちなコンロ廻りを清潔に保てます。電気の調理は空気を燃やさないので、室内の空気も汚れません。夏場は火をつかった料理がつらいですが、あまり暑くならないのも助かりますね。ガスだと水蒸気が発生して冬の結露の原因にもなりますが、IHヒーターならその心配もありません。

デメリットとしては、専用の鍋やフライパンが必要です。鉄製であれば大丈夫。しかしこれが重量のあるものになっています。けっこう重いので、アルミ製の軽いものになれている方は、辛くなるかもしれません。また、中華料理を豪快に火であおるような調理が好きな方には、物足りないかもしれません。

IHヒーターを選ばれると、家庭内でガスを使うものは給湯機くらいになります。そこでお湯も電気で湧かすようにして、家をオール電化にする人も増えてきています。こうしたことも、頭の片隅に入れておくとよろしいでしょう。

食器洗い機(食器洗い乾燥機)

「料理は好きなんだけど、後片付けが嫌いなのよ」

そういう人達から熱烈な支持と期待をもって迎えられたのが、食器洗い機でした。もちろん喜んだのはそういう人達ばかりではありません。家事という重労働に従事するすべての人にとって、画期的な機器の登場だったと言えます。「食後の時間を有効に使いたい」。誰だってそう思いますよね。

ただし、どこの家庭にも必要なものではなさそうです。

メリットは、後片付けの時間を他のことに使える点。これがなによりも大きいでしょう。あと、片付けが億劫だからと、使う皿の数を押さえている人はいませんか?その必要もなくなりますから、食卓が豊かで楽しいものになります。70℃という高温で洗浄するため、洗い上がりもキュッキュッと大変に気持ちがいいものです。少量の水を循環させて使用するので、流しっぱなしでの手洗いよりも少ない水で済みます。

デメリットは、まず時間がかかることでしょうか。手で洗えば15分で済むところが、食器洗いだと1時間近くガタガタと動いていたりします。これを嫌う人はけっこういますね。お湯で使うタイプですと短時間で洗い上りの出来るものもあります。あとよく問題になるのは、家族の食事の時間がまちまちな家庭の場合。その都度食器洗い機を使うのは、経済的にも気持ちの面でもお勧めできません。かといって、家族全員の食事が終わるまで使った食器を放っておくというのも、あまり気持ちのいいものではないでしょう。それこそこまめに洗ってしまった方が、よっぽど精神衛生上いいという話はよく聞きます。

また、子供達が独立して2人だけになった家庭では、わざわざ大きな食器洗い機を動かすよりは、やはり自分で洗ってしまうことが多いようです。こうした場合、高価な食器洗い機がただの食器入れとして使われてしまうことも多く、もったいないなぁといつも思います。

上手に使えれば、とても嬉しい機器である食器洗い機ですが、それはやはりご家庭の事情にもよるのです。

デメリットは、まず時間がかかることでしょうか。手で洗えば15分で済むところが、食器洗いだと1時間近くガタガタと動いていたりします。これを嫌う人はけっこういますね。お湯で使うタイプですと短時間で洗い上りの出来るものもあります。あとよく問題になるのは、家族の食事の時間がまちまちな家庭の場合。その都度食器洗い機を使うのは、経済的にも気持ちの面でもお勧めできません。かといって、家族全員の食事が終わるまで使った食器を放っておくというのも、あまり気持ちのいいものではないでしょう。それこそこまめに洗ってしまった方が、よっぽど精神衛生上いいという話はよく聞きます。

また、子供達が独立して2人だけになった家庭では、わざわざ大きな食器洗い機を動かすよりは、やはり自分で洗ってしまうことが多いようです。こうした場合、高価な食器洗い機がただの食器入れとして使われてしまうことも多く、もったいないなぁといつも思います。

上手に使えれば、とても嬉しい機器である食器洗い機ですが、それはやはりご家庭の事情にもよるのです。

浄水機、アルカリイオン整水機

水と空気は、これから先もずっーと注目を集めつづけるであろう永遠のテーマです。「おいしい水を飲みたい」。健康志向が叫ばれる現代、水に気を配る方は大変多いです。私もとても気になります。

そういうこともあってか、既に浄水機や整水機をキッチンに取り付けている人も多いですね。中にはじっくりと好みのものを選んでいて、「もうこれ以外のものは使いたくない」と言ってくる人もいます。「リフォームしても、この整水機はこれからも使っていきたいんだ」と。

はい、もちろんそれは可能です。しかし、サイズなどによっては、キッチンの中に収納することができない場合もあります。そうなると、機器をシンク近くに外付けすることになります。

オーブン

外国において、オーブンはもっとも重要な調理機器です。大皿に乗せた料理をオーブンに放り込む。映画などでもよく見るシーンです。そんなイメージも手伝って、システムキッチンといえば、コンロの下に大きなオーブンが付いていることが多かったです。

しかし、これは本当に必要でしょうか?

「あら、うちはオーブン料理が多いのよ」

そういう家庭なら心配いりません。ビルトイン・タイプの大きなウォール・オーブンは、きっと大活躍してくれるはずです。逆にあまりオーブン料理はしないというのなら(きっとこういう人の方が多いと思うけど)、ほとんど使わないことになるかもしれません。中をのぞくと缶詰やら大皿やら…、すっかり物置きと化しているオーブンを何度見たことか…。

もしあなたがオーブン料理をあまりしないのなら、電子レンジ機能と一緒になったフリー・タイプのものをカウンターの上に置くのが、一番使い勝手がいいでしょう。

対応エリアについて 相模原市、八王子市、町田市、厚木市、伊勢原市、清川村

当社の対応エリアは、お客様の要望に迅速に対応できるよう、会社から車で40分位内でお伺いできる、相模原市、八王子市、町田市、厚木市、伊勢原市、清川村に限定させていただいております。 あなたの悩みを解決するため、とことんお話しをお聞きします。 ご興味のある方は、お気軽にご連絡ください。

年中無休 365日受付中 0120-916-450 受付時間:8:00~20:00

無料診断・見積依頼

お問い合わせ


PAGETOP